・リビングのソファの色とラグの色で悩んでいます

リビングのソファの色とラグの色で悩んでいます

リビングの中心的存在となるソファ、そのソファに寄り添う縁の下の力持ちのラグ。 存在感たっぷりの家具なだけに、これらのカラーコーディネイトはお部屋のセンスが問われる大事なポイントですね。 それだけに、いざ色合わせをしようとすると、あれこれ悩んでしまってなかなか決まらない!
そこで、今回はソファ&ラグの色を決める際の基本的なポイントと実例をまとめてみました。

リビングの床の色を軸に、カラーコーディネイトを考えてみる

ソファとラグを設置するのは床です。床の色を無視してソファとラグの色を決めることは困難と言えます。 今回は床の色があらかじめ決まっているものとし、ソファとラグの2色について考えるのですが、床の色は常に念頭に入れておきましょう。 こつとしては、床の色に主役であるソファの色を合わせ、ラグは床と他のインテリアとの繋ぎ、あるいはアクセントになるカラーを置くようにすると、配色がしやすいようです。

ソファとラグのカラーコーディネイト例

言葉だけではわかりにくい色合わせ。 具体的にどのような配色をされているのか、床の色を薄いものから濃いものまで大まかに3つに分けて、参考になるコーディネイト例をあげてみました。


薄い色の床に合わせたソファとラグ


出典:Pinterest

床…白木のようなごく薄い茶色
ソファ…パールグレイ 黒に近いこげ茶色
ラグ…茶色がかったグレイ

使用する色を茶と黒系でまとめたお部屋。クッションにも同系色の濃いものと薄いものをあしらい、あくまでも落ち着いたたたずまいを崩さないおとなのお部屋という印象に仕上がっています。


出典:Pinterest

床…白木のようなごく薄い茶色
ソファ…ホワイト
ラグ…赤みがかった茶色

日差しをたっぷり受けて暖かな色彩を帯びたホワイトに、赤みがかった茶色が効いた素敵なお部屋です。


出典:Pinterest

床…青みがかったホワイト
ソファ…キャラメル
ラグ…赤を中心とした多色使い

床がつるりとした素材な上、色は青みがかったホワイトという、一見寒々しくなりがちなところを活発な印象を与える赤や黄色ベースのインテリアを上手に配置し、バランスを取られています。


出典:Pinterest

床…黄色がかったホワイト
ソファ…ホワイト ホワイトと青のストライプ
ラグ…ベージュ

ソファとラグ、床を濃いものから薄いものまで黄みを帯びたホワイト系でまとめ、ポイントづかいに落ち着いた青のストライプを張り生地に使ったソファを組み合わせた例。ラグにアクセントとなる色を持ってくるパターンはよく見かけますが、複数台のソファを設置する場合にあえて色違い、柄違いのソファを入れてアクセントにするというテクニックです。


出典:Pinterest

床…ホワイト
ソファ…ペールピンク ホワイトとブラック
ラグ…青みがかったグレイ

ホワイトのタイル張りと思われる床に淡いピンクのソファをメインに据えて、柔らかな雰囲気を作り出すことに成功した例。サイドに覗くギンガムチェックを張り地に用いたソファとラグも、床と同じモノトーンでコーディネイトして主役のソファを引き立たせています。


中間色の床に合わせたソファとラグ


出典:Pinterest

床…薄い茶色
ソファ…ホワイト チョコレート
ラグ…焦げ茶色 黄みがかったホワイト

全体的に黄色味を帯びた薄い茶系でまとめられ、アクセントにチョコレート色のどっしりとしたソファを持ってきています。ラグを二枚重ねて敷くアイディアも参考になります。


出典:Tumblr

床…黄みがかった薄い茶色
ソファ…灰色がかった薄い黄緑色
ラグ…アイボリー ホワイト

ソファの張り地とラグを床のトーンと合わせてごくあっさり仕上げていながらもぼけた印象にならないのは、ソファの脚に濃い茶色を持ってきているからでしょうか。


出典:Pinterest

床…薄い茶色
ソファ…ホワイトと茶色のストライプ
ラグ…グレイ アイボリー 茶色

ソファのフレームと床にほぼ同じ明るい茶色を用いたことで両者に一体感が生まれています。ソファの張り地に使われている色とV字に見えるアクセントがラグの模様の中に見て取れるのもポイントです。


濃い色の床に合わせたソファとラグ


出典:Pinterest

床…チョコレート
ソファ…黄みがかった薄いグレイ 赤と緑を中心にした多色使い
ラグ…緑がかったグレイと赤みがかったブラウンを中心にした多色使い

手前に見える様々なパターンをあしらったソファだけで構成した場合、濃い色の床と相まってくどいまま終わりそうなコーディネイトを、個性を押さえた奥のソファで引き算した例。ラグには二台のソファを結びつける色を少しずつ拾い、繋ぎにしています。


出典:Pinterest

床…褐色
ソファ…赤褐色
ラグ…赤褐色と紺色を中心にした多色使い

ソファ、ラグ、床をすべて赤みの感じられる褐色でまとめた例。深く重厚感のある空間の中に、淡い色彩のクッションをあしらって息抜きポイントを。


出典:Pinterest

床…ブラック
ソファ…赤みがかったブラック
ラグ…グレイ ホワイト

赤みがかったブラックのソファは張り地はもちろん脚もブラックで遠目に見ると床と溶け合っているかのよう。モノトーンを主体にしながらもソファに皮革を用いたり石の模様を思わせるラグを敷き、温かみを取り入れています。


出典:Pinterest

床…青みがかった濃いグレイ
ソファ…黄みがかった薄いグレイ
ラグ…青みがかったモスグリーンとオレンジにグレイの多色使い

ソファの脚と床の色が良く似通っている例がこちらにも。ラグにも同系の色を採用して、床からソファ下にかけての空間をなじませお部屋を広く見せています。ラグとクッションの赤みがかったオレンジが差し色として効果を発揮しています。

まとめ

様々な例を観て感じたのは、ソファとラグ、床に用いる色や柄にどこか共通するポイントが見いだせるということ。あまりにかけ離れた調子の色や模様をそれぞれに採用すると、コーディネイトの難易度が上がり、まとめあげるのが大変になりそうです。まずは基本となる色を3色くらいまでに抑えて、もし退屈だなと感じたらクッションなどの比較的置き替えの利きやすい小物類でアクセントを付けたり、冒険したい場合にはメインのソファではなくラグで試みてみるというのはいかがでしょうか。素敵なお部屋になることを祈っています!

  • カントリーソファギャラリー
  • カントリーソファお客様画像
  • コンテンツページ
  • テレビ・ドラマ美術協力
  • カントリーソファのアウトレット
  • 在庫処分セール