・カントリーカバーリングソファ内部構造



耐久性 = 素材 + 内部構造

骨組みとなる構造フレームにはラバーウッドを使用しています。
ラバーウッドとはいわゆるゴムの木で、ダイニングテーブルやチェアの無垢材としてよく使われています。
木材は蒸気乾燥し、含水率は約16%までしっかり乾燥させます。
ここまで乾燥させることで木材の反りを防ぐ事が出来ます。

組みあがった木枠はヤスリ掛けして特に肌に触れる部分は角材の角を落として丸くします。
工程がひとつ増えますが、これだけでも当たりがずいぶんと変わります。

安価なSバネを使わず耐久性のあるコイルスプリングを使用。

コイルスプリングの線径は3mmでしっかりと体重を支えてくれます。

高級家具にも使用されるラバーウッドの40×40mmの角材と15mm厚のべニアを使用。

本体背もたれ部分には弾力性のあるウェービングベルト。

仕上がりを左右する工程。

フレームが組み上がると次はウレタンフォームを接着していきます。
綺麗な形に仕上げるにはこの工程が重要です。熟練した職人が手作業で丁寧に仕上げていきます。
場所によってウレタンフォームの色が違うのは、硬さや密度の違う種類を使い分けているからです。肘や背中など、座った時に当たる部分は良い感触になるように調整します。

ウレタンフォームを接着するための下張り生地を張ります。

下張り生地に接着剤をスプレー。

使用する接着剤は日本の基準に準ずる無公害ボンドを使用しております。

肘部分には密度23kg/m3のしっかりした硬さのウレタンを使用します。

熟練した職人がナイフを使いまずは形に荒削りをします。

ある程度まではナイフで形成します。

更に丸くなるように慎重にカットしていきます。

次にヤスリ掛けをしてなだらかに丸みを出します。

肘の側面に密度10kg/m3のウレタンを張ります。

肘の前側にも密度10kg/m3のウレタンを張ります。

丸く形成した肘の上にさらに密度23kg/m3のウレタンを張ります。

肘部分はこのようにして密度23kg/m3のウレタンが二重になっておりますので、十分な弾力性を備えております。

ソファ裏側にも密度10kg/m3のウレタンを張ります。

背面のウェービングテープの上から密度18kg/m3のウレタンを張ります。

場所により使用するウレタンを変えながら全体に接着。

張り終えたウレタンの上からポリエステル綿(シリコンフィル)で全体を覆います。

肘や背中など、すべてをポリエステル綿(シリコンフィル)で覆います。

座面、背面クッションにも同様にポリエステル綿(シリコンフィル)を覆います。

ウレタンを張る工程が終わりますと次はボディー全体に布を被せ、張り込んで行きます。

内カバーを被せるのにも、皺にならないよう工夫と技術が必要です。

前から張り込み、背面と座面の間に布を入れて行きます。

背面と座面の間に布を裏側からシワの無いようにしっかりと引っ張ります。

そして、タッカーで止めて行きます。

湿気やホルムアルデヒドを吸収してくれる竹炭粒入りパックを3~5個フレーム内部に入れてます。

底布を張ります。

脚のメスネジ金具を取り付けます。

木製の脚がちゃんと付くかどうかを確認します。

背クッション、座クッションにも布を被せます。

高密度ウレタンフォームを採用。

以前は座面内部にポケットコイルを採用していましたが、長く使用しているとバネが壊れるなどしてしまうことがあるため改良を検討。
ポケットコイルを使用せず、ウレタンフォームのみにしました。
使用するウレタンフォームは種類を変更。高反発で高密度のウレタンフォームを採用しています。
高反発なのでポケットコイルにも負けない弾力性があります。
ウレタンフォームは高密度なほど耐久性があり、通常のソファでは密度が18~25kg/m3程ですがこのソファの座面には密度37kg/m3のものを使用しています。

カントリーソファのカバーは柄合わせなどの技術を要しますので熟練工による縫製です。

カバーを被せて完成です。

カバーには裏側の淵にマジックテープが付いており、使用している時でもずれないようになっています。

本体カバーを被せる。

クッションのカバーを被せる。

本体にクッションをセット。

完成。